f:id:murasakai:20160613075952j:plain

情報のハブになるというのは何も特定のサークルに入るだけではなく、教育の過程においてもその重要性は体験できるものです。

今やパワーポイントでのスライド作成は教育の過程で必ずといっていいほど教わります。
グループでの作業になることもめずらしくなく、パーツ担当と全体の取りまとめとで役割が分かれることでしょう。
そこで注目したいのが、全体の取りまとめ役。
なってみるとわかるのですが、取りまとめ役は情報のハブであり、いい情報がどんどん集まってきます。

 

「グループでスライドを作ってください」
こう言われたとき、自分からパーツ作成にまわるひとは多いでしょう。
たしかに限られた情報だけ集めればいいですし、ラクに見えるものです。

しかしながら、これが編集の側にまわるとぜんぜんちがうもの。

一見して「編集ってめんどうくさいなぁ」なんて思うかもしれません。
ですが実際にやってみるとそこまで面倒なことではなく、むしろ集まったものをもとに淡々とスライドづくりをしていくだけ。大変な作業ではありません。
ブログやってるならなおさらのことです。

「このアドレスによろしく」とか言っておけば、メンバーから参考文献のアドレスやスライドのパーツが送られてくることでしょう。
授業で求められるスライドなんてたかが知れているので、スライドそのものを作るのはラク。ひとによっては速攻で終わってしまいます。

 

通常ならここで終わりです。通常なら。

 

実は、参考文献のデータあたりはブログに使うことができます。
勘のいいひとは気づいているかもしれませんが、検索で上位に出てくるサイトや、読まれている書籍の情報が大量に存在。
ウェブサイトについてはパーツ担当はさまざまなキーワードでググってくれますし、それが掛け算的にあることになります。
結果として編集者は検索の手間が省け、なおかつ検索で上位に来ているサイトの情報を得ることができるのです。

ほかにもいい感じの画像が張られていたりと、ブロガー視点なら情報の宝庫でしょう。
編集者はメンバーの人数分の検索結果をまとめて知ることができます。
またキュレーションまでいかないにしても、情報はある程度整理されて出てくるもの。
わかりやすいサイトが参考文献にあげられることは多いです。

ただし当然のことながら、コピペは禁止。
見つかったサイトをまるまるコピるなんて行為はやめましょう。
キーワードや配置など勉強になるものは多数ありますので、勉強用にブクマするが吉です。

 

文献の調べ方なんてたかが知れている

そもそもの話、単位しか得られないようなスライド作成において、マジメに書籍を調べてくるひとはどれぐらいいるでしょうか?
まったくといっていいほどいませんよね。
みんなウェブ上の情報を検索してばかりで、参考文献にはhttpではじまるようなものばかりが並びます。
もし書籍が上がったとすれば、それは追加情報として取っておきましょう。

上記したサイト情報の集め方は、それを逆手にとったものです。
だとすれば「本ではなくウェブサイトを探してきてくれるひと」として考えた方がよく、そのほうがスムーズにことが進みます。

このような見方はひとを機械として見る考え方で、受け付けないひともいるでしょう。
しかしながらそのような見方が使えるというのは否定できません。
ドライな見方ですが、こうしたほうがうまくいくのも事実。
ひとや情報をまとめるにあたっては感情を入れないほうがいいのです。

教える側も教える側で、形式上は信ぴょう性が云々と注意してくるもの。
しかし実際には教える側もそこまで本気ではなく、せいぜい権威だの専門性だのを説いて終わり。
結果として重大な問題というのは起こらず、ただ注意されるだけとなります。

怒られるのがイヤなら、見つかった論文でも見せておけばいいでしょう。
キーワードにpdfを添えて検索すれば出てきます。

 

情報は集めるのではなく集めさせるもの

上記の内容から、サブタイトルの「絶対に編集者になったほうがいい理由」というのがおわかりでしょう。
ブログをやっているのであれば絶対に編集担当になったほうがお得なのです。

当たり前ですが、編集担当はスライドをイチから作らなくていいというメリットもあります。
その分負担が軽くなるのはいうまでもありません。
編集者というのは時間の節約を掛け算でこなせるので、パーツ担当よりも圧倒的に有利な立場です。

もしあなたが何かしらの共同作業をやる機会があったら、とりあえず編集者に立候補しておきましょう。
もちろん、話すうえではマジメ君を演じてください。ブログのことなんて出さなくてもいいです。
そしてLINEなりGmailなりの連絡先を教えておいて、あとは送られてくるのを待つだけ。
届いたら問題がない程度にスライドを編集し、送られてきたURLや書籍名はどこかにメモしておきましょう。

そのような立ち回り方が身につけば、容易に情報を集められるでしょう。
ほかにも勉強会という名目で予習をさせ、集まったらすぐにグループワークするという形式にしておくなど、やり方はさまざま。
情報というのは集めるのではなく集めさせるものであり、あなたはただ確認をしさえすればいいのです。

もちろん、集まったURLに対してコピペをするのはダメ。
あくまでも参考にする程度で、自分のブログは自分で考えて書きましょう。

 

まとめ

かなりえげつない内容ですが、これが真実です。
ブログをやっているのならこれをやらない手はなく、いろいろな面で時間が節約できます。
検索上位に来るサイトからは学ぶものが多いですし、そこから追加で調査するとしても負担はだいぶ減るもの。
だからこそパーツ担当になってはダメであり、編集に立候補すべきなのです。

どんなことをするとしても、リーダーというのは情報のハブになります。
連絡先を知れるのは言うまでもないですし、役に立つ情報も手に入りやすい。
よほどのことがない限りリーダーは他のメンバーよりも強く、超えられないカベがあるもの。
首根っこをリーダーに握られているので、文句を言おうがそこでおしまいです。

関連記事もあわせて読んでおくといいでしょう。
いかに下のレイヤーにいることが不利かわかるはずです。

 

あわせて読みたい

www.murasakai.net

blog.tinect.jp

blog.tinect.jp

テキパキすることが苦手なダラの私。

 
何をするにも横着で手抜きで、毎日夫に呆れられています。( ;´Д`)
家事も手抜き、子育ても手抜き、
仕事も隙を見てすぐサボろうする。
 
ダメ人間の自覚がものすごいあります。
 
子供が生まれてから、そんな手抜きに拍車がかかっているのですが、最近特にひどい。( ;´Д`)
 
料理は毎日粕汁だけはストックしておいて、あとは魚焼くだけとか、野菜炒めとか。あとは生野菜を切るだけ!
 
そんな手抜き料理に文句を言わず食べてくれる夫に感謝感謝です。
 
最近ピーちゃんは側にいないと怒るということもあって、1日中ピーちゃんの側でダラダラして1日が終わるという感じです。。
 
そんな私の最近の1日の過ごし方
午前中→ダラダラ&お昼寝。
午後→ダラダラ&お買物。
夕方→ダラダラ&おんぶで夕食作り。
夜→お風呂&ピーちゃん寝てから自分のお風呂、ブログ書き、家事等。
 
さすがにダラダラし過ぎてダラダラにも飽きてきてます。( ;´Д`)
でも毎日ダラダラ出来てちょっと幸せ!
 
今日のピーちゃん。
 
f:id:tananaman:20141229215707j:plain
積み木を壊す瞬間怖くて目つぶってます。
ジャージと座り方が田舎の女子高生っぽい。
 
f:id:tananaman:20141229215718j:plain
毎日この泣き顔を2,3回は見る。。。

アメリカのパルからメールがきた。

手紙を送ったのは2年で2通くらいでしょうか。

1通来ては半年開き、1通きては1年あき…そして終了、と思ってました

私の中では。

彼女から「私のことを覚えているかしら?

返事をいつも遅く書いてしまい、長くあなたに手紙も書いていないけれど」

という文章が続く中で、

”I was hoping that we could write letters to each other again."

という文章を勝手に「またあなたと文通したいわ」と訳してから気づいた。

ん?なんで”I was hoping"と過去形? I am hoping じゃないの?と

不勉強な私はあれ?と思い、ネットで調べてみた。

I was hoping って、依頼とか婉曲表現で、過去形は丁寧になる、と。

Will you~?よりも、

Would you~?のほうが丁寧というのと同じということか。

丁寧な表現で文通再開をしませんか?というお誘いメールをいただいた、

というわけです。

2年で2通しか受け取ってないけれど…、

多分、また続かないだろうなぁとは思うけれども、

このメールを送るのも勇気がいっただろうなとも思う。

「あなたのことはもちろん、覚えているわよ。

 文通が再開することを楽しみに待っているわ。」とメールした。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

今日、札幌圏のiOSアプリ開発者コミュニティ「iPhone Dev Sapporo (DevSap)」主催の勉強会に参加してきました。

iPhone Dev Sapporo勉強会 May, 2017

f:id:i24appnet:20170520220825j:plain

iPhone Dev Sapporo勉強会 May, 2017 - connpass

#devsap - Twitter Search

  1. 「iOSアプリのアーキテクチャについて考える」 菅原 祐 (@yusuga_)
  2. 「Xではじまる開発環境の不都合な真実」 @TeamMOSA2
  3. 「Storyboard トラブルカタログ」 Kaname Noto (@notoroid)
  4. 「StackViewは使えるのか?」 秋本 大介 (@keneo)

www.youtube.com

懇親会 #nomisap

f:id:i24appnet:20170520221523j:plain

隔月で行われているDevSap勉強会。次回7月の勉強会は、6月に開催されるWWDCの話題になるはず。

iPhone のケースってすごい多くの商品が巷にあふれていますが、僕が一番好きなのがひとつひとつ手作りで丁寧に仕上げられている abicase の本革製の iPhone ケースです。

初めて abicase を使ったのは iPhone 5s を使っているときから。使いやすくてかっこいいのが気に入って 5s 用のものと 6 Plus 用のものを2つずつ持っています。 

kun-maa.hateblo.jp

kun-maa.hateblo.jp

 

今回、iPhone 7 Plus 128GB ジェットブラックを予約しているのですがさっぱり入荷連絡がありません。

7 Plus でも最初から abicase を使いたかったので、いつ iPhone の入荷連絡が来てもいいように早めに abicase だけ購入しておこうと思い、オンラインショップから購入手続きをしたのが 9月21日(水)。

その後、オプションのりんごドットを入れる位置について何度か製作者の abi さんとメールのやり取りをし、製作に取り掛かっていただいたのが9月23日(金)で、発送連絡メールが9月24日(土)の朝。

そして25日(日)には手元に届くという早業。いつもありがとうございます。

f:id:kun-maa:20160926172224p:plain

 

ゆうパックを開けるとプチプチに包まれた箱が登場。

f:id:kun-maa:20160926125359j:plain

 

プチプチを取り去るとロゴマークが型押しされたボール紙の箱が顔を出します。箱のロゴマークが1年半前に購入した時よりも豪華になっていました。

f:id:kun-maa:20160926125431j:plain

 

箱の中身は abicase 本体、送付状、取り扱い説明書とロゴの缶バッチ。以前のステッカーもうれしかったけど缶バッチのおまけも何気にうれしい。

f:id:kun-maa:20160926125610j:plain

 

今回購入したのは iPhone 7 Plus nswj というケースのチョコ色。それにオプションでりんごドットを赤で入れてもらいました。

革のいい匂いにうっとりしながら abicase ケースを眺める至福のひととき。

f:id:kun-maa:20160926125923j:plain

 

初めてりんごドットを入れてみたのですが、やっぱりいいなあ。本体のチョコ色とのバランスもイメージどおり。

f:id:kun-maa:20160926125956j:plain

 

ケースの内側にはカードホルダーが付いています。

iPhoneがSuicaに対応してしまえば使わなくなりますが、イザという時のために千円札くらい挟んでおきましょうか。

f:id:kun-maa:20160926130019j:plain

 

このストラップとリングが落下防止にすごく安心なんですよ。

iPhone を手にしているときはいつもストラップの先のリングに小指を通しています。うっかり手が滑っても小指の先にぶら下がるので大丈夫。

f:id:kun-maa:20160926130047j:plain

 

縫製がしっかりとしているのでとても丈夫です。今まで使ってきて縫い目がほつれたことは皆無。手入れをちゃんとすれば革の風味が変わってきて、よりiPhoneや手に馴染んでくるところが大好きです。

f:id:kun-maa:20160926130223j:plain

 

今使っている 6 Plus 用のケースと比べてみるとカメラ穴の部分が大きくなっているのがわかります。

f:id:kun-maa:20160926130428j:plain

 

さあ、これでケースの準備は整いました。あとは本体の入荷連絡待ち。まだまだ品薄状態は続いているようで、一体いつになったら手に入れることができるやら...

それまでは abicase を大事にしまっておきます。

早くこのケースを付けて iPhone 7 Plus を持ち歩きたいよ!

 

abicase の購入はこちらから。眺めているだけでもけっこうワクワクしますぜ。

abicase.stores.jp

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly

バレンタイン

2018/07/06

毎年、バレンタインのチョコレートは欠かさない。

会社関係に習い事の先生にともう節分の豆まきのように

チョコレートをばら撒いている。

仕事関係も1日早い金曜日の今日に出会う人たちを

スケジュールから確認し、7つ用意。

完璧…と思ったら、職場の前で工事が始まり、

ガードマンがずっと立っているので、昼ごはんを買いついでに

チョコレートを追加購入。

ガードマンのおじさんにも「お疲れ様です!」と

あたたかいコーヒーとチョコレートを渡した。

小さいチョコレートばかりだったけれど、

ピチピチのお姉さんからの本命チョコでもないけれど、

おじさんたち(ええ、渡した相手は平均してもオーバー60才!)も

大喜びで受け取ってくれた。

こんな小さなチョコレートで、そこまでお礼はいいです、と

こちらが恐縮するほどに。

バレンタインなんて、面倒くさい行事だな~と

若いときは思っていたけれど、

こんな小さな贈り物で、みんなが喜んでくれる、

素敵な潤滑剤だなぁと今年、改めて思った。

「男はチョコをもらうもんや!」と偉そうに言っていたうちの息子たち、

お世話になってます!いつもありがとう!と渡すチョコレートは

誰にあげても、誰からもらっても嬉しいものだから、

そんなところに性別は関係ない、と話し、

園の先生、バスの先生、習い事の先生、

春からお世話になる方々等々、一緒に配り歩いてきた。

息子たちが手作りして、デコるにもホドがある!というほど

デコられたチョコ、

息子たちの気持ちを喜んで受け取ってもらえた。

「またバレンタインしよう!」とこどもたちは次のバレンタインに

燃えてます。

「将来、チョコレートケーキ作る人になる!」と末っ子が言った。

パティシエ?!

ある意味、私に夢を見させる職業かも。

是非、チョコレート専門のパティシエになって、私を唸らせて!!と

お願いしておいた。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

Newsweekの表紙になるとは・・

かなりの人ですよね。

 

これはきっと

半沢くんに悪行をばらされる前のことなんでしょう、きっと。

 

にしても、

その後、大和田常務は平取締役になって

どうなるんでしょうかね?

 

スポンサーリンク

大和田の100倍返しはあるんでしょうか?(笑)

 

f:id:AR30:20131003201558j:plain

 

Pink Floyd「Another Brick In The Wall」

 

The Wall

The Wall

  • アーティスト: Pink Floyd
  • 出版社/メーカー: Capitol
  • 発売日: 1999/10/20
  • メディア: CD
  • クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (52件) を見る