交通事故について一定の知識を有するものが、電話受付代行会社で受託先の損保会社交通事故の休日 夜間 被災地での代行受付を受理して損保会社翌営業日に交通事故速報を流します。ベルシステム24という企業は老舗であり、知人の警察OBが指導教官でしたので、本音で語れますから知恵としてください。
なお、最近 こちらの答えの人格権侵害が多く、都度、ヤフーガイドライン違反規約を行っておりますが、悪評高いのか、ベストアンサーが沈没されることも多いです。ところが、他の質問サイトでは、ベストアンサーなのが、もどかしいところで、よく消します。
また、荒らしさんが多いとストレスなので留守にするのです。
さて、前置きはともかく、ソフトバンク様も実は、お客様センターは、一部外部委託のようです。企業危機管理には、とかくクレーマーが多く、裏番号にまで電話で抗議する輩も多いです。
ですから、警察OBが数名配置されているのです。これは、ホテルや病院でも当たり前です。
では、いくら警察OBが教官でも扱うのは人ですし研修期間中の方もおります。研修期間中は、モニタールームで電話の会話をモニターして指導教育します。
AUの場合は、もしもしホットラインです。以前は、調布のJタワー1●階に位置しました。こちらにも後輩が、勤務しておりますので堂々と起草できるのです。
人事採用で、職務経歴に、もしもしホットラインセンター勤務という職歴も珍しくなく、人事部では、罵声をあびせ、危機管理に耐えうるか、テストして採用します。
また、ベルシステム24の大元は、転送電話のチェスコムという会社でした。石原プロモーションが、西部警察というドラマの中で宣伝していた頃の前進です。
そちらの企業危機管理にも関与していたので堂々と起草できるのです。
自動車保険金目当ての暴力団詐欺と対峙するのが、保険調査員(嘱託の調査会社)などであり、やくざ相手に応接室で毅然と妥当な交通事故示談をなすのも役目です。
しかし、そのようなポジションの指導官にも休日はありますね。自動車保険契約者様に迷惑をかけてしまうことがあります。
保険は、金融商品です。日弁連は、各損害保険会社の顧問弁護士助言のもと、示談交渉つき保険商品の販売にともなう折衝について、定期研修や資格試験を前提に示談交渉を容認しております。(協定)非弁活動と指摘されてもおかしくないような、まるで保険会社が法律だような方も見かけますが、損害調査課で円満退職するような社員には、そのような資質の持ち主は皆無です。
また、損害保険調査課の課長というのは、なかなかなれないポジションです。そのことも何故、堂々と書けるかは、あるクレジット信販会社とスポーツクラブの会員向けに保険商品を開発したプロジェクトチームの一員が、何を隠そう私だからです。
今は、合併して、別会社名ですが、知らない支社長は居ないでしょう。つまり、損害調査課というのは、人身、物損の示談交渉も手がけますが、代理店研修生の指導教官になりこともあるのですね。
各支社で、新しい保険(新種火災保険などと呼びましょうか。)の研修を実施します。そこに集まるのが、皆さんが、自動車保険料を支払っているところの経営者なのですね。無論、直営社員も特級代理店の中で新入社員の新人研修を兼ねて在籍することもあります
ところが、商売なので、夕方まで丁寧に対応で過労死という代理店主も居れば、時間、ちょうどで電話を転送してしまうところ、経営者のスマホ番号も教えないこともあります。
たまに、引退する代理店の顧客を丸ごと引き受けるものの不手際が多いこともあります。
ここでは、損保会社にも休みが普通にあって、銀行員と同じく、窓口は定時で閉めるが、事務所内では、契約書に見落としがないか!一字一句確認しているのですね。間違えが多ければ、特級代理店には昇格できず、保険契約ごとの歩合も下がる為です。
ここまでも真実なので、削除ならば、下書きへ。よそに書き写しますので。

ポイント

  • ※休日 夜間 地震のときに交通事故が起きたらどうするの?
  • ※保険証券を用意すれば良いですね。なければ、住所・氏名など本人確認と自動車保険に加入の車両ナンバーと車種、運転免許証番号と免許の種別などですね。
損保会社は、営業終了後は、ボイスワープで電話を転送します。
ベルシステム24などのマルチの代行保険事故受付会社宛です。
しかし、警察OBがモニタールームで録音しておりますので、
休日・夜間後には、速報として、各保険会社へ報告書を送信します。
その翌日には、必要な自動車保険請求書類も到着しますし、事故の担当者から人身傷害保険などについて説明があります。

相手が、無保険ですと、あなたの保険の示談交渉つきサービスでは、
搭乗者傷害(部位症状別など、一時金)人身傷害、弁護士費用特約
代車費用特約 車両保険(保険の次年度掛け金に変動の無い、等級据え置き特約など。)詳細な説明があります。

とはいえ、損保会社の担当者1名が抱える案件は過密で、主査などの肩書きがあれど、十分な知識を備えていないほか、放置されることもあります。保険会社の選び方は、そこにあるのですね。

通常は、保険証券にある保険代理店がスマホなどに転送をかけて事故の対応についてアドバイスをするのですが、保険の代理店が特級代理店でない場合や、代理店研修生あがりですと、役に立ちません

なので、まずは、相手方とは事故に関して約束を交わさないこと。
これは、既に説明があったと思います。
お車の修理についても着工許可があるまで、修理なさらず、入庫先がお決まりでしたらお知らせください。・・・お決まり文句です。

あとは、人身傷害特約がなければ、相手方の自賠責保険会社に被害者請求なりなさるのでしょう。相手が、加害者請求して、あなたに
一時金を立て替えるなどの知識も責任感もないから、任意保険に未加入なのでしょう。収入が乏しく支払い能力がない場合もあります。そのような時こそ頼りになるのが、(身辺警護・各種保険の危機管理リスクマネジメント・人材派遣・特級保険代理店・介護施設・不動産業・調査業)を兼ね備えた保険の代理店になるのです。

さて、まとめますと、ケガがあっても最寄の医療機関に通院なさり
お大事になさってくださいとなる程度でしょう。

また、大学生のアルバイトが受付けているのも事実です。
現に、保険会社の社員さんですか?と尋ねられれば、困るはずです
ただし、時間帯責任者は、社員ですし、個人情報保護もなされている老舗の電話受付代行会社ですから、あせらず損保会社の人身と物損(パート社員が多い。)それぞれ別の正規社員からの連絡をお待ちください。その間は、事故の経緯など時系列で書きとめておくことが肝心ですね。お読みくださりありがとうございました。