f:id:englishdiary:20151106212417g:plain

話しをしてたけど、そろそろ終わりたいな、という時、日本語でもなかなか切り出しにくいでしょうが、退屈してきた時や、本当にしないといけないことがある時は、自分から切り出さないといけません。

そんな時は、具体的に何をするからじゃあね、と言わなくてもよい英語フレーズで対応しましょう。

I have to go 「いかなくちゃ」

でも、本当にどこかに行かなくても、その場で、ネットをしたい場合でもOK。
I have to go と言われた相手は、

OK,Bye.

で会話を終わらせます。

I have to go. のスラングが I gotta go.で、結構使われます。