最大震度7を記録した、

昨夜の熊本の大地震。

 

地震の強さは、

阪神・淡路大震災、

東日本大震災に次ぐ

規模だったといいます。

 

テレビをつけて、実家のある

熊本が震源だと知ったときは

さすがに血の気が引きました。

 

まず頭をよぎったのは、

自分たち家族の身を守ること

そして熊本に住む両親たちの

安否を確認すること

 

取り急ぎ両親の無事を確認し、

これ以上の余震は起きないだろう

と思えた丑三つ時、ようやく

ホッとして床に就けたのです。

 

f:id:work-shift:20160415222327j:plain

※実家のトイレの壁のタイルが、地震で剥がれたそうです。

 

私を含め、九州に住む人は普段

ほとんど起きない地震に対して、

あまりに無防備・無頓着でした。

 

今回は東日本大震災とちがって、

津波や原発のメルトダウンといった

二次災害がまだ起きていません。

人的な被害も比較的小さいです。

 

ただ、地震の爪あとは、

インフラをはじめさまざまな

方面に及ぶことでしょう。

 

それでも、熊本出身の一人として、

熊本の人たちの底力を信じたい

 

驚異的なスピードで

復興を成し遂げ、

これまで以上に元気な熊本へ

羽ばたくことを願っています。

 

そのために、熊本を離れた

自分は何ができるのか

 

それを考え・行動していきたいですね。