アメリカのパルからメールがきた。

手紙を送ったのは2年で2通くらいでしょうか。

1通来ては半年開き、1通きては1年あき…そして終了、と思ってました

私の中では。

彼女から「私のことを覚えているかしら?

返事をいつも遅く書いてしまい、長くあなたに手紙も書いていないけれど」

という文章が続く中で、

”I was hoping that we could write letters to each other again."

という文章を勝手に「またあなたと文通したいわ」と訳してから気づいた。

ん?なんで”I was hoping"と過去形? I am hoping じゃないの?と

不勉強な私はあれ?と思い、ネットで調べてみた。

I was hoping って、依頼とか婉曲表現で、過去形は丁寧になる、と。

Will you~?よりも、

Would you~?のほうが丁寧というのと同じということか。

丁寧な表現で文通再開をしませんか?というお誘いメールをいただいた、

というわけです。

2年で2通しか受け取ってないけれど…、

多分、また続かないだろうなぁとは思うけれども、

このメールを送るのも勇気がいっただろうなとも思う。

「あなたのことはもちろん、覚えているわよ。

 文通が再開することを楽しみに待っているわ。」とメールした。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村