ゴールデンウィーク明けからは、病院も通常通り診察をしていたので、

経過確認などに週に1回行くようにしていました。

 

想像すると思い出しますし、

今、自分が妊娠継続している状況で、

もしかしたら以前の私のような方がいるかもしれないと

思うと心が痛むこともありますが、

 

同じころ、妊娠診断を受けただろう妊婦さんが、

母子手帳をもって診察に来ている姿をみると

少し悲しくなったものです。

 

今でも、マタニティマークをつけることを躊躇して

しまうことがあるのは、その時の気持ちを思い出す

部分があるからかもしれません。

 

なかなか繋留流産から進行しなかったので、

超音波で生きることを止めてしまった胎芽(胎児)が

どのような状況か確認する診察を受けていたのですが、

まるかった袋が、形を変え外に出ていこうと形を

変えていく姿をみて、そろそろお別れなのだと

少しずつ自分の中で、流産という事実を受け入れることが

できたことは、結果として良かったような気がしています。

 

私が心強かったのは、

なかなか進行しなくてさすがに心配になってきたときに

「ここまで待ったから、私も赤ちゃんとあなたを信じて

待ちたい気持ちです。何かあったら、必ず連絡してください」

と先生が言ってくださったことです。

 

どれだけ心強かったか・・・

 

正直、どんな病院でもいえることですが、

先生との相性は大事だなぁと感じた言葉だったと思います。